「お墓を賢く探しま専科」でお墓を探そう!

お墓について調べているなら「お墓を賢く探しま専科」をご熟読ください。
当サイトのサイドメニューでお墓のお役立ち情報にご注目!

 

自分にとって最適なお墓を求めているのでしたら、何よりも交通便の良さをチェックしてください。
バズや電車などの公共交通機関の利用はどうなのか?また車で行った時の渋滞や駐車場などを確認してください。
いつどのタイミングでお墓を探しに行くのか人それぞれですが、知識を持たないままお墓を訪れるのは危険です。
大切なのは必要最低限の知識を勉強して、お墓管理者の話を聞くということなのです。

 

お墓のことについて知っておかなければいけないことが多くあり、基礎知識を勉強しておく必要があります。
特にお墓というのはどのような管理体制が行われているのかを調べることが大切なのです。

オリジナルパーカ
オリジナルパーカへ
http://www.edvan-print.com/item/list/?c=6




お墓を賢く探しま専科ブログ:17 1 2017
減量中の炭水化物との上手な付き合い方は、
時間帯によって炭水化物の摂取量を調整することです。

炭水化物は
10時は食べても脂肪として蓄積されにくいのですが、
17時になると脂肪として蓄積されやすくなるからです。

脂肪が体に蓄積される要因として、
「インスリン」というホルモンが関係しています。

このインスリンは、
体に脂肪を蓄積させる作用を持っています。

インスリンは
炭水化物や糖類を多く摂取すると分泌量が増え、
脂肪の蓄積を促進させてしまいます。

だったら
「炭水化物を摂らない方がいいんじゃない?」
と思うかもしれませんが…

炭水化物は
体のエネルギー源として重要な栄養素ですので、
全く摂らないのはダメです!

重要なのは
「適切な時間帯に適量摂る」ことです。

17時は、インスリンの分泌が高まるので、
摂取した炭水化物はエネルギーとして使われにくく、
脂肪として蓄積されやすくなるのですが、
10時は脂肪として蓄積されにくいのです。

炭水化物を摂らないのではなく、
正しい知識で摂取すれば、脂肪の蓄積を抑えることができます。

多くの人は
「炭水化物=太る」と認識していますが、
これは正しくもあり大きな間違いでもあります。

摂らないのではなく、
正しく摂る!のが大切なんです。

10時は一日のエネルギーを蓄えるため
炭水化物を適量摂るようにして、
一日の後半の食事になるほど
炭水化物の摂取量を抑えるようにしましょう!

このように
炭水化物を摂る時間帯を調整することで、
体に必要なエネルギーはしっかりと摂取できる上、
体に脂肪が蓄積しにくい食生活となるのです。

―地球滅亡まであと427日―


お墓を賢く探しま専科 モバイルはこちら